『いつかは医院開業を』と考えているけれど、なかなか踏ん切りがつかない。弊社は、そんな皆様を、医療機関専門のななほし会計事務所代表である佐伯会計士と共にお手伝いさせていただいている、地域マーケティングリサーチに強い会社です。

開業は、多くのドクターにとって初めての経験です。豊富な開業実績と経験のある私たちが、数々の失敗を予測し、致命的な失敗をさけ、開業後の経営を見据えた入念な準備で、開業というスタート地点に立てるよう様々なサポートをさせていただきます。

ご希望の方には、佐伯会計士による開業後の経営の万全なサポートもあります。



開業成功のポイント

頼れるパートナーを持つこと

勤務医と違い、すべての判断を自分でできるという自由がある反面、責任も生まれます。開業に伴う複雑なプロセスや、手続きは、ドクター1人でこなすには負担が大きいものです。今何をしなくてはならないのか、今後どういう流れで進んでいくのか、本当にうまくいくのかといった先生方の不安を解消し、スムーズな開業が行えるよう、豊富な知識とノウハウで、お力になれるパートナーが必要です。

 

開業の成功の6割は物件の良し悪しで決まる

場所の選定は非常に重要です。立地や地域によって、それぞれ特徴があり、先生の診療プラン、事業計画に最も適した開業物件を探す必要があります。弊社では、他社様では扱えない表に出ていない優良物件も取り扱っていますので、長い間良い物件に巡り合えなかったドクターに当社をご利用いただきたいと思っております。

 

診療科目の差別化(提供する商品、サービスの把握)

開業するときに、何ができて、何ができないのかを考えておくことも大切です。患者さんにとって、『この分野ならあの先生』という評価が重要です。ただし、腕の良し悪しが患者さんに分かりにくい分野、他のクリニックと明らかな差をつけるのが困難な分野の場合、『患者さんが満足するサービス』、『患者さんに慕われる優しく親切な人柄』などのブランド力が必要になります。
診療圏地域の市場調査を行い、医療ニーズを正確に把握し、それに応えるコンセプトで地域の患者さんの信用を得ることも重要です。

 

理想の医院を実現するための段階的な開業プラン

施設、レイアウトはコンパクトにし、医療機器の装備も優先順位をつけ、患者さんの動向を見ながら段階的に行うことにより資金の余裕をもち、医院経営に専念しやすい計画を立案することを基本方針とします。人件費を浪費しないで有効に使うことも大きなポイントです。

開業のタイミングは、開業直後の医院経営に大きく影響します。内科であれば、患者さんが増える冬の時期に開業をお勧めしますし、ニーズが高まっている診療科目であれば早目の開業をお勧めします。心の余裕がなければ経営もうまくいきません。開業直前まで勤務医として働けるようなスケジュール調整をお勧めしております。

 

優秀なスタッフの採用と、育成

先生の目的に向かって一緒に頑張ってくれる優秀なスタッフは、医院経営を成功に導くためには必須です。採用や教育にかけた時間と費用以上の高い効果が、必ずかえってきます。



関連会社:不動産会社内装業者解体外構会社
実績:飲食店、技工所、美容室、歯科クリニック、医科クリニック、薬局
開業以外にも、移転、親子継承、リフォーム、第三者継承も承ります。